屋内オクナイ消火栓ショウカセン連結レンケツ送水ソウスイカン、ステンレス格納カクノウハコ改修カイシュウ工事コウジ消防ショウボウ建築ケンチク総合ソウゴウ防災ボウサイ練馬ネリマホゼン
NEXT
ツギページ
連結レンケツ送水管ソウスイカン屋内オクナイ消火栓ショウカセン配管ハイカン引換ヒキカエ
送水口ソウスイコウ更新コウシン
 □ 概要ガイヨウ
 平成ヘイセイ14ネン消防法ショウボウホウ改正カイセイにより、設置セッチ10ネン経過ケイカした連結レンケツ送水管ソウスイカン配管ハイカンは、所定ショテイ
水圧スイアツをかけて漏水ロウスイしないコト確認カクニンする<耐圧タイアツ性能セイノウ試験シケン>の実施ジッシ点検テンケン制度セイド追加ツイカ
れました。
 以降イコウ各所カクショにて耐圧タイアツ性能セイノウ試験シケン実施ジッシしてマイりましたが、スクなくない割合ワリアイ建物タテモノ配管ハイカン
らの漏水が発生ハッセイしています。トク送水口ソウスイコウ建物タテモノナイタテカンまでの地中チチュウ埋設マイセツ部分ブブンでの漏水ロウスイ
発生ハッセイ大半タイハンめており、乾式カンシキ配管ハイカン配管ハイカンナイ常時ジョウジミツルミズされていないもの)での漏水ロウスイ
モットオオくあります。
 □ 引換ヒキカエ工事コウジについて
 配管ハイカン引換ヒキカエ既設キセツ配管ハイカン状況ジョウキョウによりますが、一般イッパンテキ漏水ロウスイ箇所カショ埋設マイセツなど)の部分ブブン
改修カイシュウオコナわれており、新規シンキ配管ハイカンのメンテナンスセイ設備セツビ維持イジ観点カンテンから、アタラしい配管ハイカン
新規シンキ設置セッチする送水口ソウスイコウから露引換ヒキカエえ、既設キセツタテ配管ハイカン接続セツゾクしています。勿論モチロンスベ
配管ハイカン引換ヒキカエ更新コウシン屋内オクナイ消火栓ショウカセン併用ヘイヨウ配管ハイカン付随フズイする消火栓ショウカセンポンプユニットの改修カイシュウ
消防用ショウボウヨウ補給ホキュウ水槽スイソウ仕切弁シキリベン逆止弁ギャクシベン改修カイシュウ放水ホウスイ用具ヨウグ格納カクノウバコ改修カイシュウなども実施ジッシしています。
 □ 留意リュウイ事項ジコウ  ※ 東京トウキョウ都下トカ前提ゼンテイとし記載キサイ
 ・連結レンケツ送水管ソウスイカン配管ハイカンには湿式シッシキ常時ジョウジミツルミズされている)・乾式カンシキ上記ジョウキ参照サンショウ)があります。
 ・湿式シッシキ配管ハイカン屋内オクナイ消火栓ショウカセン併用ヘイヨウ配管ハイカン)にはソウスイクチ直近チョッキントウ仕切弁シキリベン逆止弁ギャクシベン配管ハイカン最低サイテイ
  に排水弁を設け、配管はラッキング仕上シアげします。
 ・乾式カンシキ配管ハイカン配管ハイカン最低サイテイ排水ハイスイベンモウけ、配管ハイカン塗装トソウ仕上シアげします。
 ・配管ハイカン種類シュルイには<JIS G 3452><JIS G 3454><マタはこれと同等ドウトウ以上イジョウ性能セイノウ
  有するカントウ規定キテイがあり、部分ブブン改修カイシュウでは既設キセツ同等品ドウトウヒン使用シヨウします。ゼン改修カイシュウ
  現行法ゲンコウホウモトづき<JIS G 3454>以上イジョウ使用シヨウします。
 ・部分ブブン引換ヒキカエ既設キセツ配管ハイカンへの接続セツゾクサイし、設備セツビ状況ジョウキョウにより躯体クタイヘキ貫通カンツウ必要ヒツヨウ
  なる場合バアイもございます。躯体クタイ貫通カンツウけた屋上オクジョウなどベツルートでの引換ヒキカエ実績ジッセキもございま
  すのでご相談ソウダンウケタマワります。
※他の都道府ケン市町村シチョウソン条例ジョウレイ所轄ショカツ消防ショウボウ指導シドウトウありますので、その都度ツド確認カクニンください。
NEXT